オフィス

ネット上で集める

今までのインバウンドマーケティングの流れ

オフィス

マーケティングというのは本来集客を意味する言葉です。一箇所に人を集めるための手法がマーケティングなのですが、ではインバウンドマーケティングはどこで人を集めているのかといえば、それはネット上です。アメリカ発祥のインバウンドマーケティングという手法は、従来のマーケティング手法を一変し、新しい形で世界中のネットユーザーを一箇所に集めることに成功しています。その高い効果が世間で浸透されると、日本でも普及されるようになり、多くの企業や団体、そして個人がこのインバウンドマーケティングの手法にのっとって、高い成果をおさめるに至っています。このように、元々は海外で流行ったインバウンドマーケティングは国境を越え、現在では日本でも活躍するほど役立つマーケティング手法となっています。

現在から予想される今後の動向

インバウンドマーケティングの何がそこまで人を魅了するのかといえば、それは予算よりも本人の力量によって成否が分かれるところにあります。従来のマーケティングといえば、大量の予算をかければかけるほど成功しやすいものでしたが、ではインバウンドマーケティングも同じ理屈で成功するのかといえば、そのような事はなく、むしろお金をかけない個人のブログでも十分に大企業などと互角に渡り合えるだけの潜在力があります。たとえ予算がなくても斬新なアイディアや卓越した才能、その一人ひとりの個性が発揮されたコンテンツを制作すれば、自ずとユーザーは集まり、インバウンドマーケティングは成功へと至りやすくなります。今後、このような流れは加速するのと同時に、これからは個人でも成功をおさめやすい世の中になることが予想されます。